こんばんは。

今日も、皆さんのご協力で、衛生的なクリニックの
運営ができました。
毎日毎日、感謝と安堵の気持ちです。

でも、今日から、少し患者さんの層が変わった気がします。
かかりつけの方より、新規の方が増えました。

それはそれで、信頼ととれば前向きですが、
非常事態宣言の解除、学校の始まりと関係が深い気がして
なりません。

あの有名な方も含めて、大切な命を多く失った
あの時とコロナに対する医療体制が何か変わったのでしょうか。
あの時もエクモやアビガンなど現存する手法使っていませんでしたか?

PCRなどの診断の門は広くなりました。

しかし、治療方法もまだ、未確定、ワクチンも開発段階
エクモは、台数が増え、病床数の確保は多くなっただけで
立ち迎えるのでしょうか。

せめて、複数の治療薬やワクチンが、すでに末端で実用化されなければ
第2波は大変なことになると思います。

きっと、学校も再開しますから、今回は、若い命も多く犠牲になるかもしれません。

あの時と何が変わったのですか。

ある程度の命の犠牲の上で、経済優先、集団免疫狙い
気候任せか、
政治的な天秤に見えます。

私見として。
今日一日の印象だけですが、
大変危険状態にむしろ、
舵を切った日本の国の方向性
怖いです。
まず抗体調査、治療法の認定、
その後に、徐々に解除と同時に予防も迅速にではないのですか。

間違った順番で選択していると強く思います。
わかってしていらしゃるのですよね。
政治家、官僚の方達。