こんにちは。

ニュースの中で感染症とともに気になるニュースが
ありますね。

ネットでの匿名を利用した誹謗中傷です。
匿名でも本当の匿名はありません。
当院でも、誤認されていることやそもそも事実確認を要しますので
一方的な感情、同業他社の等へは発信者番号通知など
匿名性を放置しない法的対処を逐次行っています。

一方で、残念ですが一種の営利目的の評価サイト全盛時代です。

診療レベルの向上には、鋭意進歩できるよう
研鑽を加えています。
いろいろなからくりがあるので、皆さんご注意ください。

匿名ではなくても、言ってはいけない言葉って
心にささりますよね。
ずっと。きっときっと死ぬまで、心にささります。
言うことさえはばかるはずのものですし、言うだけの経緯が先方にはあるのですが。
私にも言い分があり。
そもそも、あっても下記ほどの言葉は、私には到底言えません。

例えば、患者さんからの、皮膚科ってみるだけだろ、という言葉

最近ですと、コロナ対策でアルコール清拭しかなかったころ
患者さんが帰ってから、床ドア壁だけでも、必死に
隅々までまで清拭していると朝になります。

疲れたーといったときに
あんた、馬鹿じゃない。
空気感染しないんだから、各自手洗い、マスクしてればいいんんだよ。
そんなことやっても無駄だから帰ってくればいいじゃん。
には、ちょっと唖然。

いつもは帰ってくるなと言ったかと思えば、
この時は早くかえってこいでした。

ころころ変わるWHO的でも、流石に今は飛沫にエアロゾル入りません?普通。

当直したのは
その頃感染症の全貌がまだわからない部分が多く、
家族への感染ルートを絶ちたいため
していた側面もあります。
これは、少し過剰だったか今日まで。

でも、清拭に向く場所と向かない場所、そして、夜間無人と言う無床診療所の
特製を活かした、非常に細かい部分、エアコン、カーテン、ボールペン、ベッド
タオル、壁紙、床などの人体直接出ない飛沫、エアロゾルの影響を受ける部位の
消毒、計画換気に、夜間従事できたことはとっても大きな対策だと思います。

現在までの衛生環境の維持
スタッフへ負担なしの健康管理、そして

お待たせした美容施術室の全面開放、衛生管理にたどり着けたことだと
私自身は前向きにとられています。


ずっと会ってないので、久しぶりに家族とは、相当疎遠?な再開に!
家族全員いる中で
男の子が大きくおかえりうれしそうに言ってくれました。
とてもありがとう。
他シーン。

毎日会えなくて、どこにも気晴らしに連れて行ってあげなくて
泣いていた自分。
私が昔遊び発案企画担当でしたので。

でも、家族達は、少し恥ずかしそうでした。
それは、仕方ないよね。
久しぶりだし。

きっと私もそうだったと思います。
納得です。
ただ、帰宅にあたり、私の感染性チェックは当然陰性です。
お友達安心してください。

ただ、今回帰って目に見えて一人でもうれしそうにしてくれる家族長男
がいてくれたことは単純にうれしかったです。


医療機関の責務を理解してくれている。
努力を評価してくれる。
その、心意気に感謝したいと思います。
やはり、頼りになるな長男。

将来も頼りたい、心のバランスのとれた、男気のある信頼できる人間です。
男性1人でがんばってたんだもんね。
はなれてても、心のバランス感じました。
頼むぞ!!!!たい〇くん!

もちろん、知性的でごはんももってきてくれてたり
電話出てくれたり心優しいみな〇さんがいたからさびしくなかった。
しがんばろうと思えた。

バランス重視のアクティブ系がんばり屋ま〇さんも
我慢しながらも前向きにがんばってたよね。
何気に、さりげなくコンタクトとってくれるし。
ま〇さんの大人ぽい気持ちの使い方。

君たちのそれぞれの特性わかってます。
だから、がんばれたんだよー。とりあうず5か月間。
だから、気遣い感じて泣いてしまったんだよ。

でも、まだまだこれかからさ。
がんばらなければいけないのは。

クリニックという衛生が第一のお仕事をしている以上、
するのが当たり前だと思ってくれているようです。
これからも、応援してくれる共感してくれる家族がいる。
そして、何より信頼してくれる患者さん、スタッフがいてくれる。

一気に美容施術にも、衛生的な枠が開放できます。
いつも応援してくれる長男はじめ家族の優しさを感じ、プロとしての事業を継続致します。

時期的に遅れてしまいましたが、ハイドラフェイシャル、E-LIFHT PRO(IPL)、プラズマシャワー
早目にスタートしてくださいね。