こんばんは。

社会情勢の変化の中、当院の掲げる
地域皮膚科医療の堅持の元
出来るだけ対応できる急病対応を行っております。
3密の回避などを優先する以上、時間的確保が必要です。

その中で、午後の一般診療への拡大策として
午後の開錠時間を14時からに変更し
レーザー手術を早期に開始し、
午後の診療枠を可能な限り拡大して
急病対応をすることにいたしました。

この1年のスタッフのひた向きな労働へ
さらなる負担となりますが、
全スタッフ、快く応じてくれました。

もちろん、労働基準法は厳守しています。

COVID‐19への直接の対応が、専門性や
設備で内科系の医療機関のような貢献が出来ない分
むしろ専門性を活用し、皮膚科医として出来ることは
あらゆる改良を講じて行ってまいります。
もちろん、ワクチン接種へも協力いたします。

急病に関しては、対応の可不可もありますので
必ずお電話での事前確認をお願いいたします。