おはようございます。

昨日、親友のお父さんからお電話をいただきました。
一人寂しいから電話しましたと言いながら
私の体調を気遣って頂いていることが
私にはわかります。

親友の彼もそういう人間ですし。
ちょっと、つらいことが多かったので
少し涙が出ました。

昨年の春、個別接種に全力をあげて、
なんとか、オリンピックに間に合わせようと
私なりに急ピッチで行っていたころ、
集団接種会場に医師が足りないということで
急遽1日だけ駆けつけたことがあります。

その時、お父さんにお会いしました。
世の中にたくさんの命を贈り出すことを
仕事にして必死に働いていることを
親友の言動を見ながら知っていました。
私の父と同じ、仕事仕事だったと思います。

リタイアされて、仙台に行っていたはずなのに、
キリッと、オペ帽をかぶりワクチン接種の準備するお父さんの姿を見て、
正面から突っ込むぞと決意しました。
そして、ワクチン接種の数をトップギアに入れました。

まだまだ、安心できない状況ですが、
私なりに引き続き努力します。